2012年12月17日

プロミスのおまとめローン


プロミスには、様々な要望に応えるべく豊富な商品をラインナップしているので、用途に応じてキャッシング商品を自由に選ぶ事が出来ます。

使い道自由なフリーキャッシング商品も非常に人気のプロミス商品ですが、プロミスには、毎月の返済を軽減できるおまとめローンもありますので、借入れが多く毎月非常に返済が苦痛と言う場合は、プロミスのおまとめローンの利用を検討されてみてはいかがでしょうか。


プロミスのおまとめ商品は、名前の通り数多く借入れがある場合その借入れをひとつにまとめられる商品となります。

プロミスのおまとめローン商品の特徴は「貸金業者から複数のローンを借りている方」で「総量規制における年収の3分の1を超える借入と言う方」に限られます。


プロミスのおまとめ商品は、毎月の返済額を減らせる事は勿論、毎月の金利の負担もグ~ンと減らす事ができます。

更に今までいくつもの返済をしていると各借入会社の返済日もまちまちでバラバラですあら返すのも一苦労。

そんな苦労もプロミスの借り入れをする事により解放されます。

尚且つプロミスのおまとめローンなら追加の返済も可能ですから非常に便利です。

また段階的に借入残高を減少させる事も出来ます。


プロミスのおまとめローンの申し込みは、自動契約機もしくは店頭窓口により申込み可能で、審査により契約となります。

勿論この場合審査は慎重な審査を行いますので、状況により返済応力に問題があれば借入れにおける契約は出来ないという事になりますが

、契約が成立した場合は、代フリ似て融資が行われます。


プロミスのおまとめローンは、20歳~69歳以下の方で尚且つ本人に安定した収入があれば申込み可能で、プロミスのおまとめローンは、主婦の方のお申し込み、学生の方のお申し込みも可能で、バイト、パートの方でも申込み可能なローンとなります。

ちなみにプロミスの借換えの対象ローンは、消費者金融の借入やクレジットカードによる借り入れ等が対象となります。

プロミスかアコムか迷った方はこちら

2012年12月 5日

ローン種類の豊富なプロミス

プロミスのローン商品は、WEB契約なら即日融資が可能なカードローンで借入利率は「6.3%~17.8%」の低金利カードローンです。

借入れ診断もおよそ「3秒」で完結し、申込、借入れ、返済は24時間365日OKです。

しかもプロミスの金融商品は、ポイントサービスへ登録する事により「30日無利息」で利用できるキャッシング商品なので、非常に便利に利用できるキャッシングだと思います。

この要にプロミスには、30日無利息でお金が借りられるサービスも提供のキャッシング商品のフリーキャッシングもありますが、貸金業法に基づき返済の負担を軽減できる「おまとめローン」もありますから、他社の借入れが多く毎月の返済が苦痛と言う方はプロミスのおまとめローンの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

プロミスにはまた「自営業者のためのローンも用意」しており、自営業者の融資は中々難しいのが現実ですが、そんな借入れの難しい個人事業者向けの商品も用意されている会社なので、融資に前向きな姿勢が感じられる会社である事は確かです。

更にプロミスには「目的に応じて利用できるカードローン」もありますので、例えば結婚式をあげるための資金が足りないとか、子供が進学するための教育資金が足りない等の用途にも利用できるので、プロミスのカードローンは「ニーズに合わせた利用のできる金融商品が豊富に揃えられている」ので、利用も大変便利だと思います。

ちなみに各ローンの金利は「6.3%~17.8%」となりますが、目的ローンにおいては「6.3%~16.5%」と他の商品より低金利で提供する商品なので、利用における返済の負担も他商品より軽減できるものとなります。

このようにプロミスには、様々なニーズに応えられる金融商品がありますので利用価値も非常に高く、目的に応じた利用ができる便利なカードローンの利用につながりますし、とにかくプロミスは融資に前向きな会社であることから審査も早く、甘めの傾向なので審査に自信のない方でも申込みの価値は大いにある会社といえます。

 プロミス同様無利息期間のあるノーローンも検討してみてはいかがでしょう?

 

プロミスの歴史

プロミスの歴史といってもあまり知ることはない事ですが、そもそもこの業界において無担保による貸付を開始したのがこのプロミスであると言われています。

つまり消費者金融の中で無担保、無保証で個人に貸付したのがこのプロミスが最初ということで、この業界では「その道をきり開いた一人者というべき会社」とうことなのです。

それだけ古くから個人への融資に意欲的に取り組んできた会社だとは、当然今借入れしようとしている方々には知るよしもないですが、そうした古くからの歴史があり、実績のある会社がこのプロミスという事なのです。

プロミスの商品は「金利が6.3%~17.8%」ということで銀行系のカードローンと比較しても低いとはいえませんが、高くもありません。

非常に利用しやすくなっていると思われますし、消費者金融自体総量規制、法改正前は「25%~28%」というところがほとんどでしたから、その当時と比較してもこのプロミスの金利は低いと考えていいと思います。

プロミスには、こうした個人への貸し付けを最初に行ったという実績がありますが、それだけ融資に対して古くから積極的な会社だと言うところが今も、昔もプロミスが選ばれる秘密であり秘訣でもあると思います。

勿論、こうした金融業界の商品を切り開いたという実績だけでは当然人気につながりませんし支持率も継続できませんが、プロミスの場合は「融資に積極的」な会社だけにその商品には利用者のニーズに合わせた色々な商品もありますし「自動審査」も設けられ審査スピードも早い。

やはりみなさん「困る」時には「一刻も早く」と言う思いでいる場合が多いのでプロミスのように自動審査システムを採用してすぐに審査で利用限度額の目安がわかるというのは大変便利且つ利用価値も高いと感じる事が出来ます。

社員の教育体制も整っており、電話の応対等も非常に親切なプロミスだからこそ、いざという時に頼れる会社で今も昔以上に人気が高く、多くの方に支持されている金融業者といえるのです。

プロミスの金利は高いの?

プロミスの金利は、各商品共に「6.3%~17.8%」となります。

ただし「目的ローン」のような結婚資金や教育資金など目的を持つカードローンの利用なら「6.3%~16.5%」と他商品よりも低金利で利用する事が出来ます。

プロミスの金利が「高いかor低いか」を同業者の金利水準からみると「平均的な水準」といえるので、高からず低からずという事が言えると思います。

つまりプロミスの金利は高くはなく、かといって非常に低いとも言えない金融商品で平均的な金利で商品を提供していると思われますし、場合によっては最高金利が18%と言う業者もおりますのでそうした業者と比較した場合は、やはり多少なりともプロミスの金利は低いといえるでしょうか。

でも金利とは、必ず最低金利○○%、最高金利○○%と開きがあるもので、本来利用する側としては金利が低い方がいいので、どうせキャッシングするなら金利の低い方で借りたいところ。

しかし大概借入れする際は、50万円以下のキャッシング利用の場合は最高金利が適用されるので、どうしてこんなに金利に開きがあるのか不思議に思う方も多いはず。

その答えは「借入の金額と期間」により異なり、最高金利が適用されるのは「初めての利用」の場合に適用される傾向にあり、計画的な利用を続ける事により限度額も大きくなり、尚且つ金利も低くなるという仕組みです。

ということで、最低金利で借入をする場合、最高限度額を借入れする場合になり、プロミスを利用して最低金利の6.3%でカードローンを利用する場合、最高限度額の借金をするという事が考えられます。

金利が6.3%なら年利6.3%となるので「100万円の融資を受ければ当然利息は63,000円」となりますし「17.8%の金利で100万円借りれば当然利息は17万8000円」となるわけです。

こうして考えると利息の違いが明確ですが、プロミスで初めて利用する場合は多くが50万円の範囲内の限度額で「利息は17.8%」となるので、これが高いのか低いのかとみた場合、やはり借入する方の考え方次第という事になりますし、普通に考えてこの金利は消費者金融会社から借り入れする場合の平均的な数字と言えるものです。